トップページ
●キーワードで探す
ご意見・お問い合せ

名称 浮田幸吉 (うきた こうきち)
浮田幸吉の墓 (見付二番町・大見寺)の写真
浮田幸吉の墓 (見付二番町・大見寺)

幸吉が空を飛んだ飛行機の模型<BR>(大見寺本堂)
幸吉が空を飛んだ飛行機の模型
(大見寺本堂)

浮田幸吉住居跡の立て看板<br />
(見付宿町)
浮田幸吉住居跡の立て看板
(見付宿町)

分野 ひと・文化・歴史
地区 磐田地区
所在地 見付
見所

【 宝暦7年(1757年)〜弘化4年(1847年)】

世界で始めて空を飛んだとされる人物。
 鳥人幸吉、表具師幸吉、櫻屋幸吉、備前屋幸吉、備考斎とも呼ばれる。
 江戸時代中期の宝暦13年(1763年)、岡山県玉野市八浜に生まれる。
 空を飛ぶ鳥に興味を持ち、鳥のメカニズムを研究し、「人間の身体に翼を作れば人間も空を飛べる」と結論付けた。
 試作を繰り返し、天明5年(1785年)欄干から飛び上がったが、風に乗って数メートル滑空したとも、直ぐに落下したとも言われる。夕涼みをしていた町民の大騒ぎとなり、岡山所払いとされた。
 その後、静岡市に移り、歯科技師として技術力の高い義歯を製作することで評判となった。
 晩年は、駿府でも空を飛んで見せ、騒乱罪で死罪となったとも、遠州見付に移り、妻子を得て平穏な余生を送り、弘化4年(1847年)に92歳の長寿を全うしたとも伝えられる。

関連
リンク