トップページ
●キーワードで探す
ご意見・お問い合せ

名称 熊野伝統芸能館
熊野伝統芸能館の写真
熊野伝統芸能館

能舞台
能舞台


分野 文化・歴史
地区 豊田地区
所在地 磐田市池田332-3
見所

熊野(ゆや)伝統芸能館は、屋外型の能楽堂を備え、芸術文化の振興と市民の文化の向上およびコミュニティーの推進のため、観世流の伝統を踏まえ平成10(1998)年に建設されました。能舞台前の見所には350客席を設営できます。

舞台の老松・若竹は、皇太子殿下御成婚奉祝記念能の際に、老松・若竹の描画を担当された谷勝郎氏の制作で、揚幕は東京の観世能楽堂と同じ様式のものです。北側の建物部分にはステージを併設した48帖の和室があり、玄関ホール横の展示室では、熊野に関する資料などを常時展示しています。

特に4月下旬ごろ長藤が見頃となる頃、薪能をはじめ様々な地域芸能が催され、長藤祭りを盛り上げています。また、毎年9月に開催される「磐田能」は恒例となり、本格的な能が鑑賞できます。

所在地:〒438-0805 磐田市池田332-3
休館日:月曜日、各月の最終火曜日・祝日の翌日(月曜日が祝日の場合、その翌日)、
年末年始(12月28日〜1月4日)
問合せ:磐田市文化振興センター  TEL 0538−35−6861(月曜休館)

関連
リンク