トップページ
●キーワードで探す
ご意見・お問い合せ

名称 御清水(御証文屋敷「安間平次弥邸跡」の池)
旧安間平次弥邸(現片桐医院)の庭園の写真
旧安間平次弥邸(現片桐医院)の庭園

安間平次弥の立て看板
安間平次弥の立て看板


分野 自然・歴史
地区 磐田地区
所在地 見付(清水町)
見所

平次弥は本名弥平次。名は禮、字は伯啓、号は九渕と称し、漢字の素質があって詩文もよくした。
 徳川家康から代官に任命され、甲州武田軍を退去させた功績で家康に平次弥と改名させられ、名字帯刀を許されて、見付に住むように申しつけられた。
 庭には清水が湧出し年中枯れる事が無く、之を家康に薦めたので「御清水」というようになった。家康の休息場として利用されたといい、今も清水が中川に流れ込んでいる。
 町名もこれにあやかって、清水町という。
 安間家には代官からの証文が残され、「御証文屋敷」と呼ばれていた。

関連
リンク